東儀秀樹とCharの競演は「籠の鳥」

「BSふれあいホール」Char編。年末にBS2で放送された再放送、BSハイビジョン版の第三弾。
雅楽のプリンスこと東儀秀樹氏を迎えて。

ギターの醍醐味が「チョーキング」にあり、というお二人の意見に大賛成。

Charはこの日、赤い半袖Tシャツだった。(←今日はボタン開いてないよー!)
でも腕が細いのに、肘から下・・・腕組みしたら腕を使ってる人の腕で、ガッシリしてるんだな・・・って。
(↑またそんなところばっかり見てるっ)
東儀さんと言えば、貴公子=プリンスって呼ばれるだけの風格が。私は東儀さんのことは雅楽でハンサム、
くらいしか知らなかった。実はロック、JAZZも好きだったのね。
それで自宅にスタジオを持っていて、Fenderやgibsonもたくさん所有している。
レスポール、ES-335、そしてCharと同じオベーション、水色のギター。

東儀:「今日はCharさんっていうと、コレ!っていうギターがあって、僕もそれ持ってるんです。
今日は同じの持って来ました。公共の電波使って申し訳ないんですけど、ここにサインしてもらえませんか?」

Char:「うわーホントかよ!加藤茶って書くぞ~~(笑)」めっちゃ嬉しそうなChar。随所に笑顔が。
司会の国府さん、「いいんですか?ホントに(笑)」とツッコミ。
ギターにサインして!という人、Charは多いだろうな。

東儀:「ペンが消えてもこのVTRが証拠になりますから」そして更に会場に秘蔵写真を公開。
それは、あの「素肌にジャケット」のジャケ写真を背景に、10代?の東儀さんが真似して映ってる写真。
本当にファンだね。オドロキ。

東儀さんの曲をCharと共演。今度はCharの曲を東儀さんと共演。

東儀:「Charさんの曲で<籠の鳥>って曲があるんですけど、ハモリも良くて、男らしくて
好きなんですよ」
Char:「エッ?それはマニアだなぁ~」←後ろにのけぞってる。

それで、ギターソロ部分は東儀さんが弾いた。ハモリのパートも本来Charのラインを東儀さんが歌った。
オベーション2つ。東儀さんがよくあるあのブルー系。Charはブラウン系。
Char:「同じの持ってるんです、って言うのでかぶらないように、違う色持って来たんだけど、
それも持ってるんです、って言われたらどうしようかと思って」

東儀さんは趣味が多いみたいで、バイク、車、ギター、時計・・・雑誌に出てきそうなコレクション。
ずっと39、40歳くらいかな?って思ってた。でも意外46歳だそう。

東儀さんが登場する前に、この日は「OsanpoII」を歌ってくれた。
改めて、この曲ってよくできてるよな、と思った。Charが犬好きなのは有名らしい。
そのワンちゃんたちのお名前だったんだよ・・・それをまるで英語詞みたいに歌ってるから、よく聴いてみてね。
Charだから歌えるんだな、って思って。面白いよ。

3日間、ホントにCharに染まってた(笑)
カッコいいおやじという代名詞が付きつつあるけど、私はそれ、ちょっと待った!そう思いたくないんだよ。
カッコいい!はOKだけど、「オヤジ」って付けないで~確かにお父さんだけど(ジェシーくんの)
そういう目で見てないから。
関連記事

0 Comments

Post a comment