スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Char feat.AI<No Generation Gap>

Char+AI

随分前のことになるが、スカパーのアンテナを購入、チャンネル契約をしてから、初めて見たのがこのPVだった。
シングルDVDという形で発表されたもの。Charのファンになってから昨年の春に購入したまま紹介していなかったけれど、時々引っ張り出しては観ているDVD。

Charって、カッコいいなぁと思ったPVで、このPVが「Charファン」になったきっかけにもなっている。
Charはいつもスーツ・スタイルでギターを持って歌うギタリストだと思い込んでいた頃。
このPVでは、Charがゼマティスを弾き、スーツを着用。

時々、Charのラジオ番組「ROCK ON THE WAY」というTFM系列のラジオを聴いていたので、気になってはいた。
このPVに一緒に登場している彼女、歌が上手くて、ソウルフルでファンキーな人だなと思った。年齢を聞いて驚く。メイクのせいかもっと年上の女性に見えたのだ。大人っぽいという意味で。

壁=ジェネレーション・ギャップに見立てたものが取り払われる。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<No Generation Gap>Liveヴァージョンも収録。倉庫のようなスタジオでの撮影。
AIちゃんと笑う姿もあり、楽しそうなPVで、私はこちらも好きだ。

<Breathe>こちらもAIちゃんと一緒の、スタジオ・アンプラグド曲。

<Water Business>
<Long Distance Call>
<JAY>
上記3曲はCharのPVが収録されている。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
このDVDの特典は、Charの愛器をスタジオにズラリと並べて、同じ機材とセッティングで<No Generation Gap>のソロを弾き比べながらトークする。
レアでもあり、お茶目なCharを垣間見ることができる美味しいシーン満載。

途中、AIちゃんが遊びに来て、ゼマティスが弾きたい!(これがいいとゼマティスを指名)と言い出し、
Charが、AIちゃんにストラップごとギターの装着を手伝う。
うふっ、こういうところはいつも優しいなぁ~♪
「俺に娘がいたらこんな風なんだろうか?」と照れつつ、Charは笑顔。この時は、一瞬だけCharが<お父さん>の顔になった。

いろんなギターを弾き比べるため、ジャックを差し込む時、
Char:「行くぞ~、バチッ☆おぉ~っ。」「ストラップを、いちいち付け替えるのが面倒くさい」
シールドで遊ぶChar。あれこれ弾いてみて、
Char:「懐かしいなぁ~このギター。この音、若けぇ~」
と笑いながら弾く。
若い音ってあるよね。見ているこちらも楽しかった。
ギターの説明文は、Charの直筆でギター1本ずつコメントがテロップで表示される。
ギターをそれぞれ、「She’s・・・」と記しているので、Charにとっては「このコ」という感覚なのかも。

私も自分のギターは、1本目のストラトが「若い男子」というイメージで、2本目のギブソンは何故か女の子だと思っている。
同じアンプ設定で弾き比べは私もやったことがあるが、ストラトは若いジャキジャキした男子の音。元気がいいね、だけど修行がちょっと足りないよ、という音。
2本目のギブソンはワイルドにもできるし、甘くてマイルドな音も出る。ボーイッシュな女子というところか。
関連記事

- 4 Comments

どらパパG  

オレもオレも~パートⅡ

よく見ます、このDVD。
正月に高校時代の友人(吉川バンドのドラムだった、たもっちゃんです)が遊びに来たときも一緒に見ました。(ハルから「アンパンマン見たい~」とグズられながらも)
布袋さんとのPVもカッコイイけど、こっちもイイですよね~。壁を互いに押し合うシーンなんてゾクゾクする(変かしらん?)
AIちゃんは、Charにとっては生意気だけど可愛くて仕方ない娘なんでしょうね、きっと。数年前の野音のライブにジェシーとゲスト参加したときも、所謂ROCK!のライブ展開に少々とまどいがちなAIを横でしっかりサポートする“親父”Charがいました。素行はやんちゃ(笑)だけど、飾らない、イイ歌い手さんだと思います。

2007/01/26 (Fri) 00:39 | REPLY |   

スノードロップ  

私も私も~パートII(笑)

<どらパパGさん>
complexの<BE MY BABY>のPVのカメラアングルと、Charの壁を境にしたアングルとを比べてみる視点に、おぉ~っと思いました☆
あの壁のコンテを描いたのは、やはりCharがアイデアを出したのかなー?
ゾクゾクしてもちっとも変じゃないのよ~(笑)
ファンはここがいい!っていう部分にゾクゾクしますもんねぇ。わかるなぁ~
お友達のたもっちゃんは(晃司くんバンドのドラマーさん)Charも好きなのかな?
Charは、
「昔から女性アーティストとは自然体で行ける」みたいなことを話したことがあった記憶があるのだけれど、
金子マリちゃんがしっくり来る、それでアン・ルイスもだし、AIもそうなんだよなぁって言ってました。
アンさんとのユニット?の頃を私は全然知らないけれど、音源だけは聴いたことがあります。
あと、アンさんのCDを2枚持ってるので、Charやよっちゃんが作曲で参加してますね。
男同士ぶつかるようなハードなスリリングさも好きだし、女性ミュージシャンとのCharも別な一面が見られていいなぁと思ってます。
なるほど~AIちゃんはやんちゃ(笑)
戸越銀座、昨年行って来ましたよ~♪デフテックに、ジェシーくんに、AIちゃんのサインが貼ってありましたよ。

2007/01/26 (Fri) 08:30 | REPLY |   

どらパパG  

お答えします(占い師みたい?)

えっと、まず・・・比較した「布袋さんとのPV」は「ステレオキャスター」のことでした。前の文で吉川の名前を出したから誤解させちゃったかもしれないですね、ごめんなさい~。
でもね「BE MY BABY」、実は無関係ではなくて。「ステレオ・・・」のPVを見たときに最初に思い出したのが「BE・・・」だったんです(混乱する?)
立ってるだけで絵になる男二人がいれば、細かい設定なんて必要ない!みたいな。音楽的にも刺激的だったけど、COMPLEXの一番の魅力って実はそこだったんじゃないかとオレは思ってます。有無を言わせぬかっこよさ、みたいな。かっこよきゃイイってもんだ!って。あ~コンプの話しだすとキリがないかも~(笑)
たもっちゃん、カレもChar好きですよ~、詳しくはないけど(笑)・・・というか、カバーしてるオレのバンドのファンでいてくれてるというか?とにかく愛すべき男です!
アンちゃんのCD、オレも持ってます。Charの曲、ちょっとバブルガムブラザーズっぽいやつですよね?(笑)
Charの「サイケ」のツアーでバックボーカルを務めたんですよね、アンちゃん。そのライブCDの「ネイビーブルー」での絡みが好きなんですよ~。二人とも色気のある、艶っぽい声だから!

2007/01/26 (Fri) 11:28 | REPLY |   

スノードロップ  

アンさんのCDとキューピッド

<どらパパGさん>
あっ、PVは「ステレオキャスター」のことだったんですね!
「ステレオキャスター」のPV、見てないですので、スカパーにリクエストしておこうかな。
「僕らの音楽」は見たし、CDも聴いたのですが、PVはノー・チェックでした。
コンプレックスもあの2人が並んだだけでも絵になってましたよね。
二人共、写真撮影とかでもキメキメなポーズのオンパレードで、音楽雑誌の表紙もいっぱい飾ってましたよねー♪
アンさんのCDは2枚、取り寄せ買いしました(笑)<RUDE>と<My Name iswoman>です。
Charは「Lonely Love」で作詞作曲してました。
ドラムがCharと一緒のジム氏です。
アンさんのアルバムで好きな曲があって、後から知ったんですけど、よっちゃんが作ってたんですよ。
<RUDE」>というアルバムの「Seven’s Heaven」です。
他に小池ヒロミチ氏(吉川くんのところのベーシスト)も曲を書いてますね。
アンさんとCharの関係は私は全然詳しくないので、機会があったらまたいろいろ教えてくださいねー。
私もCharの声も、ヴォーカルも大好きなんですよ。(お人柄も、ギターもですけど)
<Mr.70’s>でそれをビビッ★と感じました。
あのアルバムでより一層好きになったんですよね、Charのことが。

2007/01/26 (Fri) 20:26 | REPLY |   

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。