スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Rockamenco Viva Amor

4月22日発売になったRockamenco(ロッカメンコ)の第3弾 Newシングル「Viva Amor」
Viva AmorViva Amor
(2009/04/22)
Rockamenco

商品詳細を見る

大型CDショップで今回すぐ入手できてよかった。
可愛いgirlと大胆なメイクで目に留まるジャケットのデザインを手掛けたのは、
Super meの山口アツシさん。
CDジャケットケース裏面。girlの表情は、向こうをみつめてる瞳。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1. Viva Amor ・・・志摩スペイン村開園15周年記念テーマ・ソング
2. Jump Up
3. Pasa La vida ・・・スペイン村で行われるセビジャーナスのコンテスト課題曲
4. Viva Amor (Instrumental)
5. Jump Up (Instrumental)
☆<続きを読む>をクリック。☆
全部を聴いた印象は、明るいこと。1と2は、ラテンの要素も入ってて、カラリとしてる。
Rockamencoはツイン・ドラムのバンドなのだけど、その良さが 「Viva Amor」で
感じ取れた。
ハモるところも工夫があって、「ありがとう」が重なる感じに聴こえる。

Lirics:KSK Arita     Music:Dan Hasegawa
長谷川暖さんが、「これでクルマを買う!」と冗談めいてお話してたのは、このことからでしょう。


「Jump Up」では、フラメンコ・ギターのリフレインのところがループしてるようにも
聴こえるところがある。何かマジックがあるとは思うけれど、7名の共鳴野郎くんたちの
響きを楽しんでみてね。
Lirics:KSK Arita     Music:ichiro


「Pasa La vida」・・・スペイン語でうたう有田圭輔さん(KSKさん)。
KSKさんがスペイン語でフラメンコをうたうのを聴いて、声の良さをまた一つ知ることができた。
街で、ふと流れていたら、日本人が歌ってるようには聴こえない。

それから、ichiroさんのギターを聴いて。スライドのほわーんっていう部分に浮かんだことは、
Ry Cooderのこと。
ライ・クーダーのアルバムを3枚聴いたのだけれど、ichiroさんが前にお話されていた
Tex-Mexのことを思い出していた。スペインとメキシコ、メキシコとアメリカ。
Ry Cooderは、ただなぞっただけじゃ見えて来ない部分が多いので、音楽的に
もう少し深くダイブしてみたいなと思っています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Rockamencoは「草分け」。
初めて起こす人のことで、道を作る人たち。
まだ誰も作ってない道を往くことは、勇気、覚悟がないと進んで行けないですよね。

最初に、「明るい」印象を持つ曲、と書いたのはシングルだからということも、きっとあったでしょう。

それぞれの人の顔に、喜びの表情を浮かばせる曲にしたかったのかもしれません。
価値のあることですよね。
身近な人を喜ばせる、ありがとうと伝えたりすることの価値を、いちばん感じました。

Arrange&Sound Produced:ROCKAMENCO
Produced:ichiro
関連記事

- 6 Comments

べた  

パイオニア精神

 こんばんは!
無事にPC生活を再開出来ました!
 今回のCD、不覚にもまだ購入してません。。。
来週末にはViva AmorのPartyが控えてると言うのに
こんなことではいけませぬ・・・
 スノーさんの記事を読む限り、今回もロッカメンコらしい明るく
元気な曲に仕上がってそうですね!
スペイン村の15周年のテーマ曲ですからね。
ストレートなロカメン・サウンドを早く聴きたいです。
ちょっと変化球も入ってますかね??
 KSKさんのスペイン語の歌、街中で流れててこのバンドの
こと知らなかったら、日本人とはわからないかもしれませんね。
生で聴くとまたいいんですよね~、KSKさんの声。
KSKさんのスペイン語もいいですが、あの方のスペイン語の歌も
期待しておいてくださいよ~、来月のライブで!
(やけに意味深。。。^^)
 ロッカメンコは本当に草分けですね。
スポーツでもそうですが、最初の一人になるのってやっぱり
勇気と覚悟がいりますもんね。
ichiroさんの中ではかなり以前から青写真が描かれてたと言うことを
見たり聞いたりしましたが、それを実行に移す行動力と決断力、
それとやっぱり、、、冒険心かなぁ。
ロッカメンコにはその何れもがギュッと詰まってるように感じます。
リーダーの精神がメンバー全員に浸透してるんでしょうね。
何はともあれ、この週末には購入してきます!

2009/04/25 (Sat) 01:26 | EDIT | REPLY |   

スノードロップ  

KSKさんの幅と奥行き

>べたさん
Newシングル発売、それでは早速ご購入しましょー!
行動力でショップへgo!ですね。
今回は大型某Tレコードさんがプッシュしてるかもしれません。
(ブログを運営してると自分のところだけでも、
ユニークな情報が得られます。)
avex発売シングルがたくさん置いてあって、
販売網と営業の方の数と努力もあったことでしょう。
一般の流通ルートに乗せているからには、より多くの方に聴いて
いただきたいですものね。
暖さんがクルマを買うところまではぜひ。
アルバムだと陽気と影の部分も両方描けると思うし、
私はアルバムではKSKさんが両方を、そして幅の広さと
奥行きを出しているところがいいなと思っています。
このシングルだと、M-2の日本語の音韻も面白いですよ。
ロックの部分よりも、フラメンコ、ラテンの割合が
多いです。フラメンコはリズムが難しいなと思ってしまうのだけど、
今回はツインドラムの二人がまたよい音を奏でてくれてます。
ワールド・ミュージックのような感覚。心地よさがありますよ。
デビュー当時に書いてた曲にもそのエッセンスが
あり、Sonsで形になってるものね。
田村さんとのMOTHERでも、フラメンコの情熱を感じる
ところ、曲がありましたよ。
俺たちが最初に道を作ったんだよ、っていうのを
示すことができたら(さりげなくでも)
すごいですよね。
それでもう、名前が通るし、残りますよね。
ichiroさんのプロデュースは、多分、音で伝える人
なのだと思っています。
もう一年ほどRockamencoのライブを観ていなくて、
進化の深化してる様子が知りたいです。
CDショップへ、れっつらごー♪
聴いてみて、味わって楽しんでみてね。

2009/04/25 (Sat) 02:11 | EDIT | REPLY |   

ヨーコ  

行って来ました!

歩き回って爆睡する毎日で博多に戻って今日ようやく復活です!
ライブ楽しかったですよ~!
て、私は毎度‘浦島太郎状態’で深く記せる程記憶がなく一瞬の出来事なんですよね…
悲しいなぁ。
浅草方面で所用があったので‘pen’に載ってたレバント料理の店に行きました♪
未だ未だ行きたい所が沢山載ってたので毎度上京時のお供になりそうです。
後で笑えたのは草剪君があのライブのわりと近所で例の事件を起こした事ですね
一緒に行った友達と‘マジで~!?残念!!(何が??)’て大笑いしました。
学生時代、酔って裸族な男子を結構見ましたからね。
ある意味人間らしいと私は思っちゃいました
て話を軌道修正!
次は夏頃何かありそうでした!
今度こそ九州上陸を期待しますがどうかな??

2009/04/26 (Sun) 10:20 | REPLY |   

スノードロップ  

記憶に残りました?

>ヨーコさん
リリース・パーティ&TOKYO散策(探検?!)
お疲れさまでした。
六本木ナイト(ギロッポン)楽しかったとのこと。
よかったですね!
星の瞬きのようだったのかな。もしまた思い出したら、
ぜひ「お福分け」よろしくお願いします。
会場の雰囲気等、その場にいらっしゃった方しか
掴めないですものね。
「pen」も読んで実際にお店まで足を運んだとのこと。
今後も活用されるようで、良かったです。私もどこかへ
実際に行ってみようと思っていますよ。
次のライブ。きっと九州上陸は実現しますよ~。
その時は、もしよかったら、ライブの様子を
教えてくださいね。
生で聴いた感想、シングル(Discとして)で聴いた
ヨーコさんの感想なども教えていただけたら、嬉しいです。

2009/04/26 (Sun) 12:14 | EDIT | REPLY |   

ヨーコ  

記憶喪失気味です(^_^;

私の定位置は大体ichiroさんに近い前から2~3列目辺りで遅れてくる友人の分も場所は少し確保してたんですが結局ライブ中は合流できませんでした
バーカウンタ-近くに会場とを仕切るガラスがあるんですが友人はガラスの外だったそうです…
私は背が高いんで直ぐ見つけて貰えるかと思いきや全く分からない位満員御礼だったみたいです。(私は前ばっかみてて、そのすさまじさを見てない…)
有ちゃんが一瞬歌詞が飛んじゃうハプニングがあってそのフォロ-トークが面白かった!
メンバーも皆rockamencoとしての久々ライブを待ち遠しかった感がありました!!
こっち帰ってからもCD聞いてますが個人的には‘Jump up'のが耳に残るというか頭ん中で突然かかり始めるかな~
jump up×4 繰り返すとことか言葉の語呂が面白くって。
あと時々セビを一人でくるくる踊ったりしてます(^-^)
次回はもっと記憶に残してレポートします!!

2009/04/26 (Sun) 14:16 | REPLY |   

スノードロップ  

大入り

>ヨーコさん
六本木ナイトのコメントをありがとうございます!
Rockamencoに限らず、歌詞はみなさん、よく
飛んじゃうんです。(笑)
その日の流れでセットリストが変わったり、歌いながら
ギター弾いたり、足元の操作も同時進行だと、
一瞬飛んじゃうそうなんです。
お客さんの顔が視界に入ったり、目が合ったり、
生の現場はあらゆる出来事が起こるのかもしれません。
KSKさん、お茶目ですね。
音韻のところから、メロディ先行か、同時進行かな、って
想像してますが、実際はどうかなあ?
ヨーコさんのコメントから、「Jump Up」は、
フラメンコを踊る人がイメージにあり、浮かんで作った
ものかもしれないな、って思いました。

2009/04/27 (Mon) 19:10 | EDIT | REPLY |   

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。