ichiroさんを中心円にして綴るブログ

Vintage Blue Sky

.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
  3. [ edit ]

Char 六十th&ROCK+

竹中尚人さんことCharの六十th 一夜限りの武道館公演と、
Newアルバム“ROCK+”リリースというアナウンスが春にありました。

いよいよ明日、6月15日 Charと愉快な仲間たち(?!)との
日本武道館公演が開催されますね。

武道館は特別な場所ですよね。
参加される方は、存分に愉しんでいらしてくださいね!

武道館は参加できないのですが、武道館公演が発表になる前から
決まっていた(年末の六本木EXシアター公演時に発表された)
軽井沢・大賀ホール公演に参加しました。
このホール、ミニ武道館のような形をしていまして、軽井沢という景観、
ロケーションも素晴らしかったですね。
この公演の感想、レポートは後日まとめたいと思います。
この時に、Charからお楽しみ発言が飛び出しました。
「今日はROCK+の曲は演りませんからね。(笑)
あの曲は演ったのに、この曲は演らなかった、なんてことに
なりかねないですからね。ははは~」
というようなニュアンスでしたので、余裕の含み笑いにも見えました。
これはもしかしたら全員がゲスト出演したりして・・・???
なんて豪華絢爛なステージを想像してみたりして。
とはいえ、ゲスト全員登場!ではないにせよ、全曲演奏は行うのでは
ないか?というお楽しみな一夜を想像しております。
何組かゲストはいらっしゃる気がしてますし、Charとバンドのみでも
十分華やかさはあります。
参加できないけれど、もしも映像になったら・・・していただけるのなら
ぜひ観たいですね。

アニバーサリー六〇thということもあって、普段出演しないという
トーク番組にもご出演いただきました。
それは「徹子の部屋」
黒柳徹子さんを前に、Charがタジタジ&でも嬉しそうな、
と言いますか・・・普段なかなか見ることのできないCharの表情
でしたよね。
やはりこれはギターを抱えて、持って出ないといささか落ち着かない
でしょうね。
ほどよい緊張感もあって、女性の先輩を目の前に、ハキハキと笑顔で
話す様子に、微笑ましく拝見しておりました。
あまりこういうCharを観てこなかったなあ、アニバーサリーはいいね、
なんて思いながら。

ご家族とCharとギターのお話が中心でしたが、個人的に笑ったのが、
「女性は一人だといいんですけど、少女でも二人揃うとおばさんに
なりますからね。笑」
これは、チャーちゃんギター少年時代、同級生女子二人に絡まれた?
エピソード。女子一人の時はおとなしいけれど、女子二人以上になると
強く、男子は口が返せない、負けてしまうというお話。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
J-WAVE クリス・ペプラーさんの番組“OTOAJITO”もいつもながら
旧知の仲ならではの、いつもの枠をはみ出た思いっきりのよさが
とびっきりよかったですね。

クリスさんが、アルバム:ROCK+の解説も交えての
Charとクロス・トークでした。
クリスさん曰く、佐藤タイジくんプロデュースの「悪魔との契約満了」が
いちばんよかったんじゃないか?ラブレターでもあるね素晴らしいとの
評価。
これに関しては、私も同感!
まず曲からして、Charさん存分に弾き鳴らしてくださいよ、という
佐藤タイジくんの声が聴こえてきそうな曲。
歌詞もいいし、何から何まで、始まりから終わり~余韻までCharを
いちばん掴んでる気がしていた。
他の方々も意外性を持って来たり、新しい引き出しを開けたり、
コラボレーションを想定して、これなら!というスタイルがあったりと
実にさまざまなアイテムが1つになっている作品。

こちらについてもまた後日追って行くことにしましょうか。

還暦。大人エレベーター60階。人としての豊かさが表れ、
この領域・レベルに達すると次は何が飛び出すんでしょうね?
あらゆる要素を含めた人間性でしょうか。
笑いあり、おふざけもありながら、心を込めてギターを鳴らす。

ずっと観て、聴いていたいですね。笑顔で再会しましょうね。






スポンサーサイト
  1. 2015.06.14(日) _23:27:18
  2. Char 竹中尚人
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。