ichiroさんを中心円にして綴るブログ

Vintage Blue Sky

.

Circle Scale/ichiro ☆Special 番外編☆

今日は個人的なことを少し書かせていただくことをお許しください。

Circle Scale/ichiro Special ~番外編~

Circle ScaleCircle Scale
(2011/07/13)
ichiro

商品詳細を見る

今朝、4:00に起きて高速道を走り、新潟から長野に一時帰宅。

親が入院したため、深夜に車を走らせて移動、駆け付けました。
その時は音楽を聴く気にならず、ひたすら真っ暗闇の道路を走るのみ。

数日後、小康状態を保っている日に一旦戻ることにしたのですが、
夜明け前の出発で、まだ外は真っ暗だったけれど、少し心の中の
整理がついたのでしょう。
ichiroさんのアルバム“Circle Scale”を最初から最後まで
ずっとエンドレスで聴いていました。

このアルバムは、震災の影響も含め、制作されたそうですが、
親の生死に係る状況になって、これまでとは聴こえ方が違いました。

音楽は、薬でも特効薬でもない、と思っています。
癒すとか治すとかいうよりは、自助作用に直接働き掛けるところが
あるのだと思いました。

7月のリリース以降、何回も聴いているのですが、これまでとは
違うのです。

浸透圧がすごかった。

私の中での変化なのか、このアルバムを受けての変化。

曲が進むごとに、これまでのことがずっと巡り、
近くに添ってくれる曲たちであり、並走してくれるような
アルバムでもあるのだなと。

ichiroさんご自身も、東北出身であるがゆえに、
「しばらくは音楽を聴くことも、ギターを弾くこともできないくらいだった。」
と語られてましたが、状況も条件も違えど、その気持ちが分かったのです。

しばらく時を経て思うのは、今日この日があることも当たり前じゃない、ということ。

アルバム最後に収められている曲“Ray’s Day”
を聴いている時、ちょうど夜が明けて来て、カーステレオから流れたのです。

ichiroさんはこの曲に関して、
「眠る前に聴いてもらえるといいですね。」
と、以前お話しされていたことを思い出します。
朝方できた曲かもしれないし、深夜に浮かんだ曲なのかもしれません。

明けない夜は無いからね。

と、言ってくれてる気がしました。

夜明けの来ない朝はない。

ichiroさん、素敵なアルバムをありがとうございます。

どれだけ心強くしてもらったかは、言葉にできない部分もありますが、
敢えて文字に置き換え、言葉で書いてみました。
  1. 2011.10.31(月) _22:16:16
  2. ichiro
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>




PAGE
TOP