ichiroさんを中心円にして綴るブログ

Vintage Blue Sky

.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
  3. [ edit ]

Tal Farlow<TAL>

タル タル
タル・ファーロウ (2003/05/21)
ユニバーサル ミュージック クラシック

この商品の詳細を見る

小沼ようすけくんが選ぶ名盤20のうち、ここでもかなり紹介して来た。
今日はJazzギタリスト、タル・ファーロウ。
Jazzが好きとはいえ、私はヴォーカルよりも、管楽器系よりも、Jazzギターを好んで聴いている。

たまに、ベーシストで、ジャコ・パストリアス&マーカス・ミラー&日野賢二”jino”くんも聴く。

フュージョンだろうが、ロックだろうが、ブルースだろうが、とにかく基準がギター。

小沼くんが紹介してくれる名盤が好きで、その文章たるや、いつも冷静で肝心なところをちゃんと見て、
聴いてる人の文章だなっていつも思う。
お話しても、<物事を捉える感覚のスピードが速い人>という印象を毎回受ける。

たまたま今回は小沼くんを褒めたけれど、小沼ようすけくんに限らず、他のギタリストでも、
音や全体のバランスを聞き分ける力が必要な楽器なだけに、
人そのものや、音を捉える感覚が鋭い人が多い。
毎回、そういう面を知る度に凄いなって思うし、そういうところが
<プロフェッショナルな人>なのかな?とも思う。
上手く言えないけれど、
ピュアで澄んでるところがあって、吸収するスピードと、容量が普通の人とは全然違うんじゃないかな?
って感じる。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
タル・ファーロウ。

小沼くんが紹介するから、最近の音源かな?なんて思ってCDクレジットを読み進めたら、
なんと、50年以上も前の録音。

50年以上前の音に聴こえないの。古さを感じないアルバム。
この時代は、ドラムを入れない編成なので、ギター+ベース+ピアノの3つしか出て来ない。
このトリオ編成を最初に完成させたのが、このタル・ファーロウ。
つまり、先駆者=パイオニア。
世の中のあらゆる出来事、事柄において、何でもそうだけど、誰よりも先にスタートさせたり、
軌道に乗せるのは、簡単なことでは無い。

誰もがやってないことをやってみることの、難しさ、柔軟さ、やりがい。

いろんなミュージシャンが、過去から現在に於いて、いろんなことをやって挑戦する。

挑んでる人、というのは見ていて気持ちがいいよね。

ピアノも光っていて、いいところで、ギターと程よく絡む。
目の前で、生演奏だったら、お客さんがワーッと拍手しそうなポイントがいっぱいある。

Jazzギターはアドリブの世界だから、とにかくスピードが速い。指が勝手に動く感じ。

トリオ編成の音はシンプルだから、それぞれの音がハッキリしてて、夜聴くジャズとして向いてるな、という印象を持つ。

タル・ファーロウは、21歳でギターを始めたのだそうだ。

何かを始めるのに、年齢は関係無いよ、と言ってくれた人からの影響で、私は再びギターを持つことになった。


Jazzギター・アルバムは、今後もいろいろ紹介して行きたい。

スポンサーサイト
  1. 2007.11.30(金) _18:46:03
  2. JAZZ&JAZZ FUNK
  3.  トラックバック:0
  4.  コメント:2
  5. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。