ichiroさんを中心円にして綴るブログ

Vintage Blue Sky

.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
  3. [ edit ]

BSフジ『ニッポンのRock Guitar History』

Charが演奏した曲は・・・

・ベンチャーズ「十番街の殺人」
・ヤードバーズ三大ギタリストメドレー
(エリック・クラプトン「GOT TO HURRY」、ジミー・ペイジ「SMILE ON ME」、ジェフ・ベック「JEFF'S BOOGIE」)
・ジミ・ヘンドリックス「MANIC DEPRESSION」
・サンタナ「Black Magic Woman」

この番組で、寺内タケシさんを久々に見た。その前は鈴木賢司くんことKenjiJammerくんとの朝番組。
テケテケやってたんだけれど、更に貫禄が!!
寺内さんの話題は、野村ギター商会でよっちゃんが語ってたこともあった。
チューニング・キングらしい。

鮎川誠さん・・・やっぱり鮎川さんはいつもマジメな人だな、と思う。向き合ってる姿勢がピンとしてるというか、
襟を正してるというか、私の中ではロックの紳士。

そしてChar。Charのコメントはどれも明るい。ワクワクさせてくれる語りなのはいつものことで、
ギターやギター少年の話になると、目がキラキラしてる。イキイキしてるとも言うか。
トーク内容は、過去の「永遠のロックギタリスト」などでのトークとさほど変わりは無いけれど、
何が違うかと言うと、今回の番組はCharしか演奏してないところ。

Charが上記のギタリスト、アーティストの演奏をしたのだが、私にとってはCharが弾いてるっていう
だけでも嬉しくなっちゃうのに、この選曲!!

女性ファンのみなさんには、これまた嬉しいシャツ・スタイルだった。
またそこで喜ぶのかっ!と叱られそうだけど、事実だもん、しょうがないよ(笑)
曲ごとに、帽子とシャツがくるくる変わる。ボタンの開いてる数まで数えちゃった。
Charはシャツが似合う。女性のみなさん、ぜひメロメロになってね。
ここでもCharのファンに染まって来た人が、もう何人になったことか。

それだけ、雰囲気やギター・プレイを含めてカッコイイってことなんだろうね。

*この記事は旧ブログより引越しました。

スポンサーサイト
  1. 2006.08.28(月) _12:59:38
  2. Char 竹中尚人
  3.  トラックバック:0
  4.  コメント:3
  5. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。