ichiroさんを中心円にして綴るブログ

Vintage Blue Sky

.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
  3. [ edit ]

Bonnie Raitt 「Longing in Their Hearts」

Longing in Their Hearts Longing in Their Hearts
Bonnie Raitt (1994/03/22)
Capitol

この商品の詳細を見る

ボニー・レイット「Longing in Their Hearts 」

映画「ライトニング・イン・ア・ボトル」で彼女の魅力に開眼した。ブルース・スライド・ギターの「華」。
豪快なステージという言い方がピッタリな姐さん。グイグイ惹きつけるギターだった。
この映像でビビッと来たのだが、調べてみると過去のグラミー賞にも、輝いた人なのに、
日本じゃあまり注目されていない。
最近ブルースギター方向も聞き始めていたせいか、そこに彼女の歌声もが気に入った。
抜群のボトルネック・スライドギターの腕前。ギターも凄いのだけど、このアルバムは割としっとり系の
ヴォーカルが多い。でもそこも良かった。

このアルバムはアコースティックあり、しっとりヴォーカルあり、シャウト系あり、そしてちょっと
JAZZヴォーカルのスタイルも含む。
幕の内弁当までは行かないけど、いろんなタイプの曲で構成されたアルバムだった。
ボニー・レイットの声も好きだし、曲も良かった。他のアルバムも今後紹介したい。
グラミー賞に輝いたアルバムもいいけど、Live盤もイケてる。迫力がある音作りになっているので、
少しずつここに掲載予定。
このジャケットの姐さんが?と思う方は、ぜひ映画「ライトニング・イン・アボトル」をチェック!

ブルース・スライドギターのスタイルでのプレイヤーも今後紹介できればいいなと思っている。

スポンサーサイト
  1. 2006.04.22(土) _18:09:08
  2. BONNIE RAITT
  3.  トラックバック:0
  4.  コメント:0
  5. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。