Ana Popovic&Ronnie Earl

一周して戻って来た感じです。みなさんご無沙汰してます。ふとしたきっかけで、久しぶりに聴いていたのですが、女性ヴォーカル&ギタリストのAna PopoVicは前から好きで、アルバムは何枚か買っています。Ana: Live in Amsterdam(2005/07/26)Ana Popovic商品詳細を見る最初はこのアルバムが気に入って、聴いてました。SRVが好きっていうのもそこはかとなく感じたからでしょうね。何かの拍子にAnaちゃんとRonn...

ブルース&ソウル・レコーズ No.95

ブルース&ソウル・レコーズ 2010年 10月号特集は、Stevie Ray Vaughan8月25日発売。ブルース&ソウル・レコーズ 2010年 10月号 [雑誌](2010/08/25)不明商品詳細を見る過去にもたくさんギター誌や本が出ていますが、これから知りたい方にはよいかもしれません。それでもご参考までに、という感じです。音楽を聴いてからの方がいいかなと私は思っています。もし店頭に並んでいたら、私も眺めてみますね。こちら...

誰も生きてBLUESから逃れられない

やってくれるなあ~~。頼もしいです。タイミングが良くて。2月1日、私のところにやって来たガイド。ずーっとタワレコに置いてあったのですが、中身は見ることができない状態で、確認できないこともあり、私なら輸入盤2枚買います、と思っていたのですが、ついに私のところへ来ました。「BLUES」ガイドは1冊持っていて、どちらかというとBlues RockからBluesを根底に持つRock盤を300枚紹介したもの...

Joe Bonamassa来日公演後の発見

来日公演を終えたばかりのJoe Bonamassa(ジョー・ボナマッサ)以前、ブログで紹介してましたが、いろいろな繋がりがあったのでその点を書きますね。The Best Of Joe Bonamassa(2009/09/02)ジョー・ボナマッサ商品詳細を見る日本では、avexのTB(tearbridge records)より発売され、その来日記念公演が終了。go!URL→→ http://tearbridge.com/joe/まずは、ROCKAMENCOのPo...

Indigenous

以前紹介したことがあったのですが、今朝もこのバンドのアルバムを聴いていて、同じところで衝撃を受ける。ライブ盤を聴いていたんだけど、どこまで行く、そのギター!これまで映像を見ずに、アルバムだけ聴いていて、凄いギターを弾く人だな、って思ってたのです。出て来るトーンがもうね、違う。それと、パーカッションを入れてる曲が多いところも結構気に入っていて、曲もどこいくの?っていう気持ちのいい方向へ連れて行ってく...