ichiroさんを中心円にして綴るブログ

Vintage Blue Sky

.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
  3. [ edit ]

Valleys Of Neptune /Jimi Hendrix

この世のあらゆるものは、すべて回転している

Valleys of Neptune (Dig)Valleys of Neptune (Dig)
(2010/03/09)
Jimi Hendrix

商品詳細を見る

1. Stone Free
2. Valleys Of Neptune
3. Bleeding Heart
4. Hear My Train A Comin'
5. Mr. Bad Luck
6. Sunshine Of Your Love
7. Lover Man
8. Ships Passing In The Night
9. Fire
10. Red House
11. Lullaby For The Summer
12. Crying Blue Rain


ジミ亡き後に世に出る音源の数々。
その後、40年を経て、未発表音源集をリリース。
当時、世には出なかった曲の制作は69年中心だと言われている。
オリジナル3作はリリース順に通るだけでも、いろんなことが分かるのだけど、
世に出なかった曲たちに、手を掛け、敬意を込めて世界に送り出す。

あなたの中でも、私の中でもずっと生きてるでしょう?

人の中に、音楽が生きている、ってそういうことだよね。

輸入盤を買い、2年が経過したところ。
この2曲が特に好き。
3. Bleeding Heart
4. Hear My Train A Comin'

“Bleeding Heart”は、オリジナルがElmore James

トップの“Stone Free”の最初の一音から、いきいきとしてる。


今回、いちばん注目したのが、音像・サウンド。
Jimiの凄まじい部分、スパークしたかのような音が、次から次へと
弾け飛んで行くのが聴こえる。

マスタリングは私がここ数年ずっと気になっている
Stering Sound George Marinoだ。
世界のSterling Soundと言ってもいいかもしれないね。
人それぞれサウンドの好みはあると思うので、いろんなアルバムを聴いて
みて好みを認識して行くでしょう。
Worksのアルバム・ジャケットを見ても、世界中の著名なアーティストが
揃ってる。

最近、このアルバムのマスタリングに関わったジョージ・マリノ氏が
亡くなったことを知った。
最初に私にJimiを教えてくれた日本のロックバンドのフロントマンから
先日、その事実を知る。
彼らもSterling Soundに、データでN.Yへビャッと飛ばして
TED JENSENをはじめ、ジョージ・マリノ氏にマスタリングを
依頼していた。
依頼主は彼らだけでなく、日本のヴォーカリスト、バンドの名前も多い。
最初にいい音だな、って思った「80年代の日本人アルバム」の
マスタリング・スタジオが、Sterling Soundのものだった。

オリジナル3作も、リマスター盤が出ているから音質は上がり、
その時代の空気も持ちながら、枯れることなく人から人へと歌い継がれ、
聴き続けられている。
「歌」は、曲もギターも、その人自身も語り継がれて行く。
長く愛され、聴き続けられるもの、追い求められるもの、
後世にまで残る音楽。

Jimiの魅力は、みんなの中にそれぞれあると思うけれど、
個人として好きなところは、特有のコード感と、ぐるぐる回る感覚。
リフや曲の流れだったり、声質も関係ありそうだけど、常に回り続けている
のがJimi Hendrix
音は大小さまざまな形をした厚い金属性の歯車が、いくつも重なって
回転してる感じがする。
そこに時々、針先の尖ったもので火花を散らせたり、速度を変えたりしてる
イメージ。
いろいろなチャレンジをし、実験的。アイデアマンだったようだ。

なんて書くと、分かりづらくなるかもしれないけど、レズリースピーカーも
使っていたというJimiが言ってたことは・・・

「この世のあらゆるものは、すべて回転してるんだ」  
                 by:Jimi Hendrix
スポンサーサイト
  1. 2012.08.07(火) _15:23:28
  2. JIMI HENDRIX
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

West Coast Seattle Boy & Guitar Magazine

発売中のギターマガジンの表紙はJimi Hendrix
Guitar magazine (ギター・マガジン) 2010年 12月号 (CD付き) [雑誌]Guitar magazine (ギター・マガジン) 2010年 12月号 (CD付き) [雑誌]
(2010/11/13)
ギター・マガジン編集部

商品詳細を見る


日本の多くのギタリストが一人のギタリストを選ぶ。
表紙がJimiなので、予想してましたが1位でした。

ichiroさんもコメントを寄せてました。

深沼くん(PLAGUES,Mellowhead,GHEEE)もJimiでしたね。
PLAGUESの音を聴くと、好きなんだろうなあとずっと思って来ましたが、
あまり公言してなかったように思います。
佐藤タイジくんも、やっぱりそうでしょう。世代的にみんな67、68年の人が
多いような気がしますね。(←気のせいですか?)
小沼ようすけくんも安達久美ちゃんも同じく。その理由をコメントで寄せてました。

史上最も偉大なギタリストは?
という問いで、一人だけしか選べないとなるとJimi Hendrix
と答える人が多いし、認められていて、名前を残しているという証拠でもありますね。
多くの人の中にいる偉大なギタリスト。

海外のギタリストでは、私もNo.1だと思っています。
No.1にもいろいろありますが、総合力。
John Mayerは現存してる海外ギタリストの中ではいちばん好き。
ジョンもJimiからの影響は相当なものでしょう。

影響力、総合力という意味でも、第1位に輝くのには、いちばんふさわしいと思います。
あとは、歌うギタリストというポイントもありますね。
West Coast Seattle Boy: The Jimi Hendrix AnthologyWest Coast Seattle Boy: The Jimi Hendrix Anthology
(2010/11/16)
Jimi Hendrix

商品詳細を見る

今月16日に発売になるアイテムの1つで、BOX SETです。
国内完全生産限定盤など、価格も違うようですが、私は輸入盤を予約完了!
一緒に「BLUES」も注文しました。
ウェスト・コースト・シアトル・ボーイ~ジミ・ヘンドリックス・アンソロジー(完全生産限定盤)(DVD付)ウェスト・コースト・シアトル・ボーイ~ジミ・ヘンドリックス・アンソロジー(完全生産限定盤)(DVD付)
(2010/12/08)
ジミ・ヘンドリックス

商品詳細を見る

みなさん、うすうす気づいていらっしゃるかと思いますが・・・
私はジミヘンコード・ホリックです。←ココ、笑うところだからね~。

これがないと何処へも行けません。

どこってどこ?
聴いてみれば分かります。

フィードバックや、多彩でインパクトのあるサウンドはもちろん、魅力がいっぱいの人。
名言集もユーモアで溢れているので、興味のある方は探して読んでみてくださいね。
Jimiの偉大さ、素晴らしさを身体に入れるには、1stから順を追って行くこと
をオススメします。音楽として、そして楽曲の良さも感じていただけると思います。
Are You ExperiencedAre You Experienced
(2010/03/09)
Jimi Hendrix

商品詳細を見る

1stアルバムは実験的。逆回転Recを取り入れてみたり、音の揺さぶりが
もう、見事。天晴れですね。

ex.Manic Depression ノリがちょっと難しい。
3拍子ですが、ドラムが印象的だし、ジミのギターとベースのユニゾンも
シビれます。

もう1曲。I Don’t Live Today
音の定位がどんどん変わります。音で人の聴覚から揺さぶりをかけます。
増幅させて行くことも含め、手のひらを握ったり開いたり左から右へ音が
移動して行くようなイメージも感じ取れるかなと思います。

いろんな曲で、場面で、あらゆる揺さぶりを仕掛けて来るから、とことん酔わされる。
  1. 2010.11.13(土) _20:15:09
  2. JIMI HENDRIX
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

表紙の人:Jimi Hendrix

音も演奏も凄まじいとのこと。Good!だそうです。
by:ぶんやさんのつぅいーとより。

でしょうね~。ですよね~。

発売前ではありますが、音楽業界、メディアの方には既に音源が
届いているようです。FMでいち早く聴けるのかな。
Player ( プレイヤー ) 2010年 04月号 [雑誌]Player ( プレイヤー ) 2010年 04月号 [雑誌]
(2010/03/02)
不明

商品詳細を見る

2010年3月2日標準発売:Player 表紙はJimiです。
モノクロームな写真、右手のアップ、口元がポイント。
いえいえ、もうここまで来たら、チャーム・ポイントでしょう。
ヴァレーズ・オブ・ネプチューンヴァレーズ・オブ・ネプチューン
(2010/03/10)
ジミ・ヘンドリックス

商品詳細を見る

国内盤のライナー・ノーツも気になりますが、私は輸入盤を予約。
国内盤購入の方から、内容をお訊きしてみたいですね。
それでは、チェック後またお会いしましょう。
合言葉は、

Jimiには会えたかい?
  1. 2010.03.01(月) _11:28:07
  2. JIMI HENDRIX
  3.  コメント:2
  4. [ edit ]

別の角度から<聴こえて来る>

CharのTRADROCK(by:ZICCA)から、
Jimi Hendrixの巻がリリースされるまでの間に
しておきたいことがあって、トリビュートにまで食指が動いてます。
Charのお話から、JimiはListenじゃなく、Hearだと。

Listen!してしまう私は変でしょうか?

Jimiを聴いてるみなさん、聴こえてる?
バンド・オブ・ジプシーズバンド・オブ・ジプシーズ
(2010/03/10)
ジミ・ヘンドリックス

商品詳細を見る

Machine Gunを聴いて、じゃなかったですね(笑)、
聴こえてきた時、衝撃的で、文字にできないほど。
コーラスも意味深長だし、ギターが左右に揺れるので、揺さぶられる。
CIMG3735.jpg
副教材みたいですね。昔から聴いてるわけではなく、ここ5年くらいかな。
ジミヘン本は、ジミの調子が悪い時の演奏や、ブートなどを聴いた人が、
「大したことないじゃないか!」と誤解されることと、偉大なギタリストであると
信じてる方が、調子が悪い時の演奏を聴いてもやっぱり凄い!と思うようなことを、
どうしても防ぎたかったのだそう。
チューニングが・・???と、いうのは私も思わないわけではないですが、
正式な音源を正しい順序で聴いてもらうために、ガイド本を作ったのだとか。
価値を分かってもらうためのガイド、ということで参考にしています。
パワー・オブ・ソウル トリビュート・トゥ・ジミ・ヘンドリックスパワー・オブ・ソウル トリビュート・トゥ・ジミ・ヘンドリックス
(2004/04/28)
オムニバスジェームス“アル”ヘンドリックス

商品詳細を見る

トリビュートはいくつか出ていて、ロベン・フォードが参加してるアルバムは
聴きました。
その後、いろいろなカヴァーを、アルバムで、ライブで聴いていますが、
レニー・クラビッツと、ロバート・ランドルフのカヴァーが気になっていた
ので、買ってみました。
アルバムの感想は改めて書くことにしますが、レニー・クラビッツは、
Band Of Gypsysからの影響を口にしているのだそうで、
両方聴いてみて、なるほど!と納得。

音楽の神様がいるとしたら。
Jimiのライブで舞い降りてるところを、感じ取れるだろうと思います。
Listen!ではなくて、Hearで。

追記:書いた後で、長らく思っていた、ライブ盤での粗さのことが
気になり、一番最後のライブ音源を聴いてみた。
最後・・・ギターをゴトン、と落としてるような置き方の音で、
スーッと背筋に冷え込みが来た。

もっといい状態で弾き続けたかったのではないかな。
道の途中だったでしょう。

後を頼んだぜ。
きっとそのソウルが現代のギタリストに伝わっているんじゃないかな。
  1. 2010.02.22(月) _00:32:28
  2. JIMI HENDRIX
  3.  コメント:4
  4. [ edit ]

Valleys Of Neptune &光と影

Jimi Hendrix 
これから発売されるDiscと本が気になりますね。
ヴァレーズ・オブ・ネプチューンヴァレーズ・オブ・ネプチューン
(2010/03/10)
ジミ・ヘンドリックス

商品詳細を見る

国内盤は2010年より、Sonyより発売されます。
解説、歌詞、対訳が付いてるので、国内盤も魅力的ではありますね。
まだ迷っていますが、輸入盤を買う予定。
ジミ・ヘンドリックスとアメリカの光と影 -ブラック・ミュージック&ポップ・カルチャー・レヴォリューションジミ・ヘンドリックスとアメリカの光と影 -ブラック・ミュージック&ポップ・カルチャー・レヴォリューション
(2010/01/26)
チャールズ・シャー・マリー

商品詳細を見る

こちらは今月発売予定の本。目を通したいです。

ジミ・ヘンドリックス、その魂と音楽の再発見

この紹介文だけで、読みたくなりました。

それと、更に今後深めて行きますね。音楽の旅。
一緒に旅してくれる方、Oh~ついて行くよ!という方、
Yeah~~!先導するよー、という方を大募集いたします。(笑)

この先、旅先のどこかで会いましょう。
  1. 2010.01.18(月) _00:34:28
  2. JIMI HENDRIX
  3.  コメント:6
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。