script type="text/javascript">

ichiro Vintage Fender Review

ブルース・ギタリストichiroのヴィンテージ・フェンダー・レビュー

というタイトルが付いているのですが、掲載誌面ページ数がなんと!
カラー6ページ。上質紙を使用してのカラー特集記事。
フェンダー ストラトキャスター&テレキャスター ヴィンテージ・クロニクルフェンダー ストラトキャスター&テレキャスター ヴィンテージ・クロニクル
(2014/05/23)
不明

商品詳細を見る

今年は何冊もFenderギターに特化した雑誌が多く発売されてる理由は、
Fender60th 今年は一気に関連雑誌が出版されて
いますね。

嬉しかったのは、Fenderストラトキャスター=ichiroさんの登場、
取材→掲載という点にあります。
他にも掲載されてる方もいらっしゃいますが、Vintageストラトと
音楽人生を共にしている人の中から、華があって、
試奏してもらって的確なアドバイス、コメントを出せるのが
ichiroさんだということです。

ichiroさんの試奏とFenderギターのコメントからは、
音楽は自分の感覚が大切だなと感じますね。
どなたが試奏しても、それぞれに感覚で掴み、感じることが必ずあるはずで、
誌面の向こうの読者や楽器を持っている人を想像したり、人に伝わるように
文字に置き換える作業もまたギター愛の一つですし、個性ですよね。

それぞれのギターの好みもあるでしょうけど、正直な感想が貴重な意見と
なり、誌面を豊かにします。参考になる方もたくさんいらっしゃるでしょう。
読み手もギターに興味がある方が対象なので、専門的な用語もOKですしね。
ギタリストにしかわからない感覚も通じやすいと思います。
それと、ichiroさんのギター、音楽を聴いたことが無い方にとっては
ググッと引き寄せられるポイントがある記事になっています。

ぜひご覧くださいね。

最初の見開き2ページの写真も素敵ですよ。
次は試奏、最後の2ページがフェンダー・ストラト、ヴィンテージ・ギターについて
語っていらっしゃいます。

木よりも、むしろ「鉄」

キーワードは「鉄」です。

次回ご紹介するギター本は、「鉄」の件が更に掘り下げられますよ。
ギター製作、リペア、販売に携わっている方は構造や材質について知識があって
語れるようじゃないと売ることができないと思いますが、
この点を語るギタリストが日本に存在することに気づきましたね。

少なくとも、「鉄」については私の知ってるギタリストは誰一人語ってないわっ!!
それだけじゃなくて、なんですよ。みなさん!!

ichiroさんのメイン・ギター“No.1”についてのコメントもはずせません。

いい音って何?

ここはもうね、深いですよね。それぞれに広がっている宇宙です。
Raw VintageRaw Vintage
(2012/10/06)
ichiro

商品詳細を見る



長渕さんのツアー2014参加決定

長渕剛さんのアリーナ・ツアー2014 ichiroさんが参加。
アリーナ・クラス開催ですね。
今回は、アメリカから一流ミュージシャンを迎えてのバンド編成だそうで、
約1ヶ月全国を駆け巡ります。

~TSUYOSHI NAGABUCHI ARENA TOUR 2014 ALL TIME BEST~

8/16 神奈川 横浜アリーナ
8/17 神奈川 横浜アリーナ
8/20 鹿児島 鹿児島アリーナ
8/21 鹿児島 鹿児島アリーナ
8/27 愛知 日本ガイシホール
8/28  愛知 日本ガイシホール
9/2  日本武道館
9/3  日本武道館
9/7  福岡 マリンメッセ福岡 
9/11 大阪市中央体育館
9/12  大阪市中央体育館
9/20  ゼビオアリーナ仙台

矢沢さんも長渕さんのサポートも、とはichiroさんだけでしょうね。
選ばれる人 には、必ず理由があります!

音楽だけではなく、どんなことにも言えることなのですが、
経験はその人にとっての経歴です。
たくさんあればあるほど、成功もそうでないことも全部自分の力に
なり、蓄えられて行きますね。
その経験を生かしてくれる人と一緒に作り上げていくことの心強さ。
ボスから学ぶこと。人との関わりの中で大きくなって行きますね。

経験値を増やしていく【旅】の途中でまで会って、またどこかで会って。
再会、再見した時の新しい発見。
いいですよね。
次にお目に掛かれる日を待ちながら。

Z’s ON START TOUR2014参加

事後報告になりますが、ichiroさんが、矢沢永吉さんのツアーに参加
されましたね。
前回は、ちょうどichiroさんのファンになったばかりの頃だったので、
よく覚えています。2006年のツアー以来8年ぶりの参加。
若いミュージシャンをオーディションから選び、Z’sを結成。
プロフェッショナルからも選ばれ、そのギタリストとして
ichiroさんが選ばれたわけです。
ライブは観ていないので、想像でしか語れませんが、メインで推している若手
メンバーを支え、矢沢さんの強力なサポーターとして、経験者として重要な
役割を果たされたと思います。

今回は短期ツアーでありつつ濃密な日々だったと思いますが、
もしかしたらまた次もあるかもしれません。

Z’s ON START TOUR2014 ツアーの記録。

5/8(Thu 苫小牧市民会館(大)
5/9(Fri) 函館市民会館
5/12(Mon) 帯広市民文化ホール
5/13(Tue) 釧路市民文化会館
5/16(Fri) リンクステーションホール青森(青森市文化会館)
5/17(Sat) 盛岡市民文化ホール
5/19(Mon) やまぎんホール(山形県県民会館)
5/22(Thu) 長崎ブリックホール
5/23(Fri) 佐賀市文化会館 大ホール
5/26(Mon) 鹿児島市民文化ホール 第1ホール
5/27(Tue) 宮崎市民文化ホール
5/31(Sat) 沖縄コンベンションセンター劇場
6/3(Tue) Zepp Tokyo
Rock Opera 2 Eikichi Yazawa [DVD]Rock Opera 2 Eikichi Yazawa [DVD]
(2007/04/25)
矢沢永吉

商品詳細を見る

ichiroさんの雄姿はこちらでご覧になれますよ。
DVDは私も拝見しましたが、一度生で聴いて、観たい気がしますね。

サポートもありつつ・・

歌ってギターをハイパーに鳴らしてるichiroさんがもっと観たいです。

The Sons 2014 Tour “Right Time,Right Place”

The Sons 2014 Tour決定しました!!

“Right Time,Right Place”

6/11(Wed) 名古屋 ell SIZE
6/12(Thu) 京都 都雅都雅
6/13(Fri) 岡山 IMAGE
6/15(Sun) 小野田 Wakayama
6/16(Mon) 広島 ナミキジャンクション
6/17(Tue) 神戸 VARIT
6/18(Wed) 大阪 南堀江Knave
6/20(Fri) 富山 Summerknight
6/21(Sat) 糸魚川 LIVE SPOT R&B
6/22(Sun) 金沢 Ex,KENTOS
6/26(Thu) 由利本荘 アクアパル
6/27(Fri) 仙台 enn 2nd
6/28(Sat) 福島 AREA 559
6/29(Sun) ひたちなか Stormy Monday
7/3(Thu) 沼津 TONY'S HONOLULU
7/4(Fri) 東京 原宿クロコダイル “ichiro Birthday Party Live”


当初のツアー日程発表から、追加開催が増え、その中に新潟県糸魚川市も
仲間入りしました。
最初は今回はファイナルでichiroさんのバースデーに駆け付けたいところだわ、
日程調整しないと、などと考えていました。

私は第一に“糸魚川”での参加を決めました。
久々にお会いできる方々も。4年ぶりかな?その日まで楽しくカウントダウン
しようと思っています。
近くまでお越しいただけることにも感謝。
良かった、本当に良かったです。

Sonsのツアータイトルは、現地に足を運んでみてわかることがありますので、
お近くにライブがある方は、迷わず、足繁く?!ツアー参加しましょう~ね。

ロジャーさん、鮫島さんのプレイ、ichiroさんのエレクトリックなギター。
ライブはとんとご無沙汰しておりました。
その分、待ってました!!という気持ちでいっぱいです。
感激ひとしお、の夜をあなたにも。
Triple Booster Live “15th Boosted On”Triple Booster Live “15th Boosted On”
(2010/07/17)
The SONS

商品詳細を見る

始動! ichiro Session "Dear Blues"

名企画が始まります。始動!

ichiro session ”Dear Blues”

ゲストギタリストを迎え、シリーズで開催するのだそうです。

第1弾ゲストは佐藤タイジくん(シアターブルック)

ichiro Session "Dear Blues #1" feat.佐藤タイジ
6/7(Sat) 東京 三軒茶屋 GRAPEFRUIT MOON
Bass:市川“JAMES”洋二 (ex The Street Sliders)
Drum:JAH-RAH (ex The Easy Walkers)

仲間とギターとブルース。
偉大なブルースを敬い、これからのブルースに引き継ぐために、
日本屈指のブルースギタリストichiroが仲間と共にBluesを紡いでいく
ichiro Session "Dear Blues" シリーズ

ichiro Session "Dear Blues" はDVDでの発売、
CSチャンネル「MUSIC AIR」でのTV放送も予定
               (ichiroさんオフィシャル・サイトより引用)

ichiro Session "Dear Blues #1" feat.佐藤タイジ

そう、第1回目のゲストは、同世代でBluesを奏でる、ソーラー武道館で
ノリにノッテいる佐藤タイジくん。
佐藤タイジくんを紹介するとしたら、近年の彼の活動をぜひ追ってみてください。
私の大好きな日本のミュージシャンを1つにまとめ上げた男です!
ソーラー武道館イヴェント、ソーラー・レコーディングのオーガナイザー。
ピースフルでアツイ。ギターも歌も歌詞もオールマイティにいずれも素晴らしい。
そして、東日本大震災のチャリティ、物資を送るLIVE FOR NIPPON
こちらもUSTで何度も拝見しています。

ichiroさんと佐藤タイジくんの件は、当ブログでも何度も書いていますが、
デビュー当時、イヴェントでよく一緒になったのだとか。吉祥寺辺りで、らしいです(笑)
個人的には、好きな音楽が、お二人は近いと思ってますよ。

第1回目のゲストとして、ふさわしいし、ピッタリの人選でしたね。
うわーい!ワッショイ!! YEAH~~!!

ライブの詳細はichiroさんのオフィシャル・サイトをご覧くださいね。

ゲストについて書き連ねましたが、
いちばん私が喜んでいるのは

Blues Blues Rock を
ichiroさんの音楽仲間とで
紡いでいき、展開、普及、発展を目指すところです。


日本にも、大先輩からichiroさんの少し年下の世代まで
ichiroさんと一緒に音を出して、展開~発展してほしいギタリスト、
ミュージシャンがたくさんいらっしゃいます。

回を重ねて、渦が大きくなったらいいなと本気で思います。

以前、ichiroさんは同世代のギタリストでセッションしたいと
お話しされていたのですが、
まずは佐藤タイジくん(シアターブルック)。
タイジくんの音楽仲間さんたちの横の繋がりともパイプを作って太くして
大きな円を作っていただけると嬉しいですよね~。
::::::::::::::::::::::::::::::

ここからは、以下、戯言ですから聞き流して&読み流してくださいませ。
もちろん、書くからには、言うからには、お役に立てれば嬉しいですが。

個人的には、同世代セッション希望として

藤井一彦さん(THE GROOVERS)
深沼元昭くん(PLAGUES/GHEEE/Mellowhead)

どちらもバンド出身、トリオバンド経験者、歌とギター、プロデュース、アレンジ
作詞作曲、Bluesが根底にあり。バリバリ・ギターズ。

深沼くん(福島出身)もデビュー期が同じくらいだったと思います。
プレイグスは初期がアメリカ南部のサウンドで、テキサスのSXSW出演経験あり。
藤井一彦さんはブルーズ、というとマディに始まり、ホワイト・ブルーズはあまり
聴かないとは話してますが、ジョニー・キャッシュ、トニー・ジョー・ホワイト、
ライ・クーダー、南部系ではサザンロックは好きかも。他にマーク・ベノ。ルーツは
ボブ・ディラン、ストーンズ。佐藤タイジくんと仲がいい。

コレクターズの古市コータローさんも楽しそう。みんな一緒にいかが?
原マサシさんとも濃く、濃くどこまでも行けそうですよね。
女性ギタリストもいいかもしれません。パッと華やぎますし。

いちばん観たい、推したいのは、和田唱くん(TRICERATOPS)ですね。
ichiroさんの音楽に辿りついたのが、実は和田くんがきっかけでもあったから。
TRICERATOPS → Char → ichiro

佐藤タイジくんも「和田唱はいいよ!」と最近よくご一緒してます。
ギターにも愛情、音楽にも愛情を吹き込んでいる人です。
ギター、歌、ブルーズと共に、一緒に盛り上げてくれるでしょう。

自分のブログなので、夢の競演&セッションということで書いてみました。

ichiroさんとセッションしたら、“音”への意識がより強くなる人が
増えるはずです。

そういう経験を、Blues ブルーズを通してもっと、もっと。


プロジェクトが始まる前から、いろんなことを書きましたが、
実際に目の前で観て聴きたいですね。