FC2ブログ

Vintage Blue Sky

ichiroさんを中心円にして綴るブログ

NEWS

0 Comments
snowdrop ver.2.0
* このエントリーは、不定期に更新します。**
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆ichiroさん情報
zaP2_G2931632W.jpg
*New Mini Album “Lonestar” 2018.11.11リリース
*ichiro Chain Of Blues 通年各地開催。

☆Char→Char Tour2018 "OLD NEWS"ライブ・アルバム配信リリース。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
~Tour 2019~

2019.1.31 [ALEXANDROS]@新潟LOTS
2019.2    ichiro Chain Of Blues 
2019.2.22 双発機 尾崎裕哉×石崎ひゅーい@新潟LOTS
2019.3.13 [ALEXANDROS]@横浜アリーナ
2019.4.6  坂東慧 by 上條領×Shingo Okamoto(ダンサー)@長野市芸術館
2019.4.10 John Mayer@日本武道館2days-1
2019.4.11 John Mayer@日本武道館2days-2
2019.5.26 GRAPEVINE@長野CLUB JUNK BOX
2019.6.15 吉川晃司35th Anniversary@長野ホクト文化ホール
2019.6.16 [ALEXANDROS]Tour Final@さいたまスーパーアリーナ
2019.8.31 吉川晃司35th Anniversary@新潟県民文化会館

*2018年のライブ参加日程は専用カテゴリへ移動しました。*

1月で11本決まっています。
これから発表されるライブがどうなりますことやら。
(よほどのことがない限り、1年間遠征を控えます。)
さいたま、日本武道館まで。
あとはまた2020年春まで~またね☆

ichiro “Lonestar”リリース&ツアーintervew 1 by FM石川

0 Comments
snowdrop ver.2.0
11月14日“Lonestar”ツアー初日に、エフエム石川の番組
「Sunset Express MOVE」に生電話出演されたichiroさん。
ほぼ一字一句逃さず全て文字起こし完了していますが、
メディアからの全文掲載はせず、要約してお届けします。
話し方を少し変えていますので、ご了承ください。
                        Thanks! by:エフエム石川
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

・・・パーソナリティ(以下、P):CDを出して、ツアー初日を迎える心境はいかがですか?

ichiro:1本目は身体がそのモードにできあがっていないので、不安も少しあるんですけど、
経験値で瞬間、瞬間を乗り切りますね。


・・・P:瞬発力はもうね、キャリアの力で培われてますよね。

ichiro:ゼロから1にする作業が大変なので。
1から2にするのは前例があるから、1本目のマジック、緊張感ですね。

・・・P:5年ぶりに新作を出そうと思ったのは?


ichiro:人生で初めての肉親との別れを経験して、かなしみの中、空っぽの中で生きる。
明日、この先どうしようという中で、ライブをやらなくてはいけないという1年だった。
わかったこと、がんばって生きていこうとか、改めて教えられたこと、いろんなことがあった。
感謝と決意を、1年以内に形として出したかった。

(ここでアルバム発売日についてしばし談笑。オリコンを気にして発売日を調整する話など)


・・・P:肉親との別れから生まれてくる感情というのは、言葉ではなかなか表現しきれない
ものがありますが、そこで生まれてくる気持ち、精神性がありますよね。

ichiro:その経験があって、その思いを抱いた人だからこそ、乗り越えられる、
辿り着けるところがある気がして。
人生の経験をさせてもらえたことにも、今思うと感謝ですね。


・・・P:言葉にできないような想いをもって、音にできるからこそ
ミュージシャンは素晴らしいですよね。

ichiro:そこに救われた、というのはありますね。



アルバム“Lonestar”からのお話はここまで。
次回は、デビューから遡ってのストーリーです。
第2弾のUpをお待ちくださいね。

~番組の感想エトセトラ~

私は初日のライブに参加していたので、全然知らずに後日ラジコで聴いたのですが、
パーソナリティの方がとても紳士だったなという印象。
「生き方」公開講座のような展開でした。
ichiroさんのお父様に関することだったので、これでよかったのではないかと
思っています。(きっと聴いていらっしゃったんじゃないかな、と私は思うのですが。)
亡き人との心の対話ですね。
ラジオはよく構成作家さんが書いていたり、台本があったりもしますが
大体はフリートークです。
今回はパーソナリティの方が予め準備されていたことがよくわかる内容でしたね。

聴きながら、ホッとしたことを覚えています。
いつものichiroさんだったなぁ、って。

まだ続きますよ!!お楽しみにーーー。
















“Lonestar” ichiroインタビュー No.1 by BIG UP!

0 Comments
snowdrop ver.2.0
ichiroさんのミニアルバム“Lonestar”リリースに関しての
Webインタビュー記事です。 by:BIG UP!(avex)

インタビュー記事 Go!URL→→→クリック!

感想は後日ここにUpしますね。
zaP2_G2931632W.jpg

Char 2018 Tour“OLD NEWS”新潟芸術文化会館・りゅーとぴあ劇場

0 Comments
snowdrop ver.2.0
Char 2018 Tour “OLD NEWS ” 2018.10.28 
新潟芸術文化会館 通称:新潟芸文、りゅーとぴあ劇場にて参加。
char.jpg

Char40thツアー時、1ツアー3本参加というイレギュラーな本数だったからか、
2017、2018ともに八ヶ岳音楽堂公演を飛ばしてしまっていた。
6月にジョニー吉長さんの追善七回忌ライブにて、今年1度東京・下北沢では
観てるけれど、Charのライブツアーは2年ぶり。

9月からスタートした、“OLD NEWS”ツアーのライブ音源がストリーミング配信
されているので、予め聴いていた曲たち。
MC少なめ。
曲数が多い。
しゃべるより演奏。
プレイ!プレイ!歌う!歌う!

ライブ前日に、オリンピック・メダリストも出場した、スピードスケート観戦をしたことと
共通点があったことに気付く。
一流のプレイヤーは、
常に獲物を狙う目、一点集中のまなざし。
Charの視線、まなざしはいつもキリッとしている。
ソリッド、ともいう。
集中しきったら、ほぐれて笑顔になる。
これはたまらない魅力だと思う。
一点集中、拡散集中。眼力、目線、視線、まなざし。
これって、できそうで・・・なかなかできないからね。
自分に対して厳しい人にしか出せないんじゃないかな。
誰でもできるわけじゃなくて、訓練、練習、稽古、経験の賜物だと思う。
周りが全部見えていて、聴こえている状態。

前の方の座席は、特別な音空間に聴こえる会場が多い。
エアーポケットみたいなイメージ。
この日は、澤田浩史さんが、ウッドベースのとあるフレットに触れた時に、
重厚な響きとなって聴こえる。スペシャル・スポットに入ってたなー。
他の会場はどうだったんだろう?
とはいえ、澤田さんの技のような気がする。
Charが以前、ベースマガジンで「オルケスタデラルス」が海外に行けたのは、
澤田くんのグルーヴがあったからだと思う、と話していらっしゃったことを
思い出した。

セットリストの中では、JAYがよかった。アルバムで聴くのも好きだけど、
ライブで初めて聴いた。やっと、ようやく聴けた。
エキゾチックかつ、オリエンタルで、重厚な響きが胸に響く。

Charの音の揺れは85%左手にあり。そして、全身で出している。
Charのギターリフは好きだなぁ。
MR.70‘sのギターリフからファンになっているから、後半の曲はかなりツボ。
ギターリフ、ギターソロ、ギターリフ、ソロ無限ループだ。
今どきギターソロを避けがちの人、バンドが多い中、これだけ攻めて行けること。
そして、アンコールでふわっと会場の後ろまで全てを包みこんでから、
「またなー!」と言って笑顔で終わらせる潔さ。

終演後、方々からカッコいい・・・という声が聴こえてきた。

私は言葉にはしなかったけれど、会場からしばらく離れたくなかった。
りゅーとぴあ劇場は、ミニサイズの東京国際フォーラムのよう、と
心の中で思っている好きな建築物。夜の風に吹かれて歩いてみた。
いろいろ思いながら。この日の公演を回想しながら、ゆっくりと歩いた。

♪風に吹かれてみませんか。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
追記:りゅーとぴあの会場に入ってすぐに、石原正康さんをお見かけした。
9月にBSフジで放送された番組「ザ・インタビュー」で
CharのスタジオZicca 訪問インタビュアーでもあり、本業は幻冬舎の編集者の方。
石原さんだとすぐ気付いて、ハッとした。チケットを見ると、今回の企画・制作はBSフジ。
石原さんは新潟市出身。
番組の中でも「ゴダイゴのコンサートで、新潟までCharさんを観に行ったんですよ」
とおっしゃっていたものね。
(たぶん、ご本人様と思われる。違っていたら、ごめんなさい。)

*敬称略
*Charのハネるところが好き
*Charのリズム

ichiro Tour 2018“Lonestar”

0 Comments
snowdrop ver.2.0
待望のソロ・ツアー決定!!

ichiro Tour 2018  "Lonestar"

11/14  長野 LIVE HOUSE J
11/16  金沢 Jealous Guy
11/18  福井 Tabby's Guitar & Music
11/19  浜松 Biscuit Time
11/21  大阪 MOERADO
11/22  高松 Studio Nashville
11/23  松山 YAHMAN 33
11/24  岡山 MO:GLA
11/26  広島 Second Crutch
11/27  米子 AZTiC laughs
11/29  福岡 music bar S.O.Ra. Fukuoka
11/30  大口 Bogie
12/1  日田 天領日田洋酒博物館
12/2  小野田 Wakayama
12/4  名古屋 A sign bar KOZA
12/6  ひたちなか Stormy Monday
12/7  福島 伊達市 MDDホール
12/8  秋田 STEPS BAR
12/9  弘前 Eat & Talk
12/11  仙台 LIVE HOUSE enn 2nd
12/12  東京 三軒茶屋 Grapefruit Moon
ツアー・ファイナルは、ゲスト:西 慎嗣さん


ツアー前、11月11日に Mini Album“Lonestar”リリース

Char×石原正康 ザ・インタビュー by BS朝日

0 Comments
snowdrop ver.2.0
9月に放送されたBS朝日「ザ・インタビュー」。最初はサラリと観ていたが、
2回目を観た後、すごくいい番組だったな、と思った。
Charのリラックス度がいつも以上に深いことに気付いた。

インタビュアーは幻冬舎の編集者:石原正康さん。1回目を観た時はまったりとした印象で、
心のノートを開きながら話す方だなとか、私と同じ新潟市出身の方だわね・・・なんて。
特急とき号で4時間かけて新潟までゴダイゴとCharのコンサートを観に行ったって???
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
石原正康さんから観た”Char”が印象的だったので、引用。

20代の若い時に、不満を不満のまま残さずに
表現で解消していったところが 天才だと思いましたね。
「愛すること」の力が強い人だと思います。
お父さん、お兄さんの話でも、お母さんのことも、
一緒に自分の音楽を守ってくれる人を、みんな愛してますね。
愛するから、愛される。

                            by:石原正康氏

石原さんの、このコメントしている場面がよかった。
「天才」というのは、「突出している人」という解釈が合いそう。
Charについて、これほどサラッと言えてしまうのが石原さんの人をみる視点であり、
著名な人を口説き落とすだけのことはある。
本当に口説き落とすんだからね、本づくりの世界は!!スカウトマンであり、1本釣り
するために、相手の良さを深く、深くみつめないと、こういう言葉は出てこないんだよね。
石原さん、すごい人だわ!!!どうしてだろう?と関心を持ってしまった。
幻冬舎の見城さんに見込まれた方とのこと。各自調査のうえ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
番組内でのChar語録で特に印象的だったことを以下、引用。

石原氏:Charさんの夢、これからしてみたいことはありますか。

Char:中2、3の頃からかな。早く日本を出たかった。
って、手も繋いだことない(当時の)付き合ってた彼女が同窓会で会った時、
『あの頃からそう言ってたじゃない』って言ってた。
世界中の人に聴いてもらいたい。っていうのは、変わっていない。
曲を創る時に、頭に浮かんだメロディーはピアノで弾けちゃう。例えば。。。
(スタジオのウーリッツアーで実演しながら)速い。。。♪フレーズが浮かんで。
これをギターで置き換えられないと頭に来ちゃうのよ。その瞬間に(ギターを)
練習しよう!みたいな。

Char:(ライブについては)文章や会話じゃなくて耳から入っていて。
その人の感情、もしくは僕の感情、複数の人の感情が共有される瞬間がある。
1+1=2だよね、そうだよね、じゃなくて。
今日のあの曲、よかったね、って何でみんなそれがわかるんだろう?って。
面白い。


クラプトンと一緒に写真撮影してるのと、ジェフ・ベックと一緒に写真撮影してる
ものとを比べてたCharのコメントが面白おかしくて、笑ってしまったね。
クラプトンとジェフのオーラの違いについて。
以前CharはCream時代のクラプトンのステージについて話してたことを思い出す。
「女の子がキャーッ!エリックぅーーーーー!!!」ってキャー!って言わせる要素が
あったと言っていたのを。
と、いうことはクラプトンはステージ上でギター持って歌ってる以外は・・・・ということ
かな?
ジェフ・ベックは普段からとてつもないオーラがある(出してる)らしい。

それと、20代の若い頃の不満、芸能界、歌謡界に一時身を置かざるを得なかった
時代にモヤモヤしてた人、他にも知っている。その人もロック界に早く行き
たかったけど、事務所が許してくれなかった、アイドル扱い時代にドリフにも出たって。
今は音楽的にジャンルや棲み分けみたいなもの、垣根はそれほど無いように思って
るけれど、以前はあったのよね。
表現で解消する、ってとても大事なことね。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
石原さんがCharの内面をグッと引き出したのは、2つポイントがあったのかな?
1つは17歳の時に新潟までゴダイゴとCharのコンサートを観に行きました。
っていうところ。
2つめは、「キャー!だか、Char--!!だか女子ばっかりで分からなかった」
「いたんだね、男子も。前が女子で後ろに男子がいて、わかってくれてるんだな、
って思った」という辺りからかな。ぱあっ、と開いていく感じがした。

一緒に、自分の音楽を守ってくれる人を愛してる、っていうところね。
理解力とか、わかってくれる人、そういうところなんじゃないかな。

Charの「愛することの力が強い」っていうところ、わかる気がする。
ステージを観て。
ふれあい時間を持つところを見ていても、いつもそう思うんだよね。
あったかくて、大きい。

愛するから、愛される。
愛されるから、愛する。

音楽も人も。

石原さん、BS朝日さん、ありがとうございました。

羊猿会 Yoenkai Tour 2018 Report

0 Comments
snowdrop ver.2.0
2018年の羊猿会 Yoenkai 信州縦断公演のうち1本参加。
ichiro×矢野一成 with 斉藤ユウキ 
三人、全員が歌える!!!

自分の背筋を立てる覚悟と、相手の背筋を立てる覚悟を持つ者同士が、
いい音を出し、ハートで奏でられる。


羊猿会2017に続いて、2回目の参加。長渕さんのツアーに参加しているお二人、
ichiroさん[未年・ひつじ]、矢野一成さん[申年早生まれ・さる]同い年のユニットに、
今回から、20代のベーシスト・ユウキさんも参加。3人でのライブは、
ichiroさんのソロ・九州ツアーから始まっている。その時の感触がすごくよかったらしい。

トリオでアコースティック形式のライブ、座ってプレイという設定らしいが、
蓋を開けてみたら、全然アコースティックじゃなかった。
座ってるのに、立ち上がってしまいそうなくらいのエネルギーが渦巻いてた。
笑いの渦、三人の渦。
内側にグルグル巻く渦ではなく、外向きにみんなを巻き込んで行った。

音楽は言葉で表しにくく、それを音で、音楽で表現しようとしている。

ichiroさんは歌詞に出てきたこともある「言葉より胸に響くメロディ・・・」
かなと思ってはいたものの、矢野さんと出会ってからの8年間で、
あらゆるスタイル・形、意味、価値・・・などを言葉なり、音で伝えて合って
きたのではないかな。
私は長渕さんのライブに参加したことは一度も無いし、映像しかない。
1回目の羊猿会とシークレット・ライブで観たままの印象にすぎないけれど。

生れた年、同世代、暮らしている場所、長渕さんの現場に入った経緯などの
プロセスを経て、音楽と人を通じて知り合う。
天文学的確率!!!
1つでも違う選択をしていたら、会ってないよね。
人は、たとえ知り合っても、縁がない、続かないことも多々ある。
それでも。
知り合ってからというもの、「壮大なストーリー」を全員で創っていく船。
その大きな船に乗り、現場で、切磋琢磨、ピンチ、ハプニング・・・エトセトラに
遭遇しながらも、1つ1つ実績を積み上げてきたichiroさんと矢野さん。

12年ほどずっと遠巻きながらにichiroさんを観ている私ですらも、
長渕さん現場「前」と「後」では、相当な変化があったと感じている。

ichiroさんと矢野さんはお互いを「戦友」という言葉で表す。
以前、映像で観たことがあるのが、
長渕さんが矢野さんに
「お前のドラムは俺の心臓だからな!」
という言葉を発していたことを思い出した。
(↑重圧と、期待されているのと両方をありがたく受け止める。)

この日、矢野さんがichiroさんについてMCで語ったこと。(←概ね、ニュアンスで掴んで)

10万人富士のオールナイトでのこと。
終盤、泣いて叩けなくなってしまい、メンバーがみんな寄って来て励ましに
声を掛けてくれるんだけど、ichiroだけは来なかったんです。
俺のことを見て、ここを叩いて(胸のところ)
敢えて言葉では言わないけど、ハートと音で教えてくれるんです。


いい話。同じ目の高さ。
そういうエピソードを、みんなの前で話してくれる矢野さんのお人柄をも感じた。
戦友同士の同志になっていくような、ね。
ユウキさんも以前からichiroさんとソロ・ツアーでご一緒している。

夏のアリーナ・ツアーを終えて、すぐに羊猿会ツアーで旅を続けた。
戦友は流れのまま、次の流れを創っていた。
これまで切り拓いた場所で、長渕さんのファンの方々にも好かれて
多くの人が集まって盛り上がっている。みんなどの船も大きい。
みんな一緒に揺れてるよね・・・それが一番感じたこと。

昭和歌謡、笑いのツボ、情景の見える歌たちを連れて、信州の夜は更けていった。

ichiroさん選曲の昭和歌謡名曲が意外で、すごく良かった。
ザ・ベストテン世代にはかなりツボだったと思う。
本家の松本隆さん作曲、アレンジは井上鑑さんかな?
キーボードが入ってる曲を3人で表現するには相当な工夫が
必要だったと思うけれど、ギターで表現するほうが遥かにカッコよく
名曲、名演。
オリジナル歌手は声を張って歌わない人。淡々としたハードボイルドの
世界なのだけど、歌詞が秀逸なこともあって、大人の世界を表現。
子どもにはわかるまい!!笑  (←ベストテン世代も当時は子どもだった)

羊猿会 Yoenkai Tour 2018決定!!

0 Comments
snowdrop ver.2.0
羊猿会 2018もうすぐ始まりますよーーー!!

ichiro & 矢野一成  サポート・メンバー: 斉藤ユウキ (Bass)

8.24 和歌山 LIVE SPACE MOMENTS
8.25 大阪 Beggars Banquet
8.26 神戸 NOKISAKI TACOS
8.28 福岡 music bar S.O.Ra. Fukuoka
8.29 戸畑 Abbey Road
8.30 小野田 Wakayama
9.1 岡山 城下公会堂
9.2 滋賀 スカイプラザ浜大津
9.4 西麻布 BAR Jubilee
9.5 長野 ビアホール トピ
9.6 飯田 Fruit Factory
9.8 名古屋 Moon Stone

羊猿会/Yoenkai2017

0 Comments
snowdrop ver.2.0
ichiro×矢野一成 羊猿会(ようえんかい)2017
ichiroさん(未年1967年生まれ)と、矢野一成さん(申年1968年生まれ)によるツアー
羊猿会2017ツアー開催中!!
矢野さんは早生まれとのことなので、学年は一緒。(と、いう言い方が昭和ですが。)
同世代で長渕さんのツアーでの戦友だというお二人によるDear My Best Friendsなツアー。
youeikai20171020.jpg


::: ツアー日程 :::

10/18 西麻布 Jubilee
10/20 長野 the Venue
10/24 神戸 Mosrite Cafe
10/25 滋賀 B-FLAT
10/26 名古屋 Laid Back
10/27 和歌山 LIVE SPACE MOMENTS
10/29 福山 肴蔵
11/7  宮崎 横路まるぞう
11/8  久留米 Bar THE DRINKER
11/9  戸畑 music bar ABBEY ROAD
12/9 大阪 Live bar Roots '66     ★NEW!!追加公演★

ツアー2本目の場所にて、参加を終えました。ツアー中だけに曲のことや内容の詳細を
書かずに感想などをレポートすると、主観だらけ(幸せー!好きー!よかった!嬉しい etc・・・)
になってしまうので、長年ichiroさんについて書いて来た者として、やや視点を変えてお届けします。
(極力主観を省くということは、ハードルが上がってます。)

「心技体」

ステージ袖のような場所、真横から観ていたので、臨場感溢れる場所でした。
一部を除いて、矢野さんとichiroさんお二人だけの音数最小限な構成のため、
バンド編成に比べて表出してくるのは、心技体だと感じました。
ichiroさんのライブを生で観るようになって11年目。
毎回違う、新たな発見がありますね。
最初の2曲、3曲目までの掴みって立ち上がりにあたる部分から、グッと掴まれた感と、
気迫を感じました。
でも、それだけじゃなくて・・・。それ以上だったんですよ。


ichiroさんのカラーと、矢野さんの好きな昭和歌謡のムーディーさ。
どこかしらから漂う妖しさから来る矢野さんの語りと笑い。
60年代、70年代を過ごした人、テレビ、レコードを聴いてた人。
記憶の箱から、私たちは引き出されてましたよね。

「good savage」
いい意味で捉えて頂けたなら嬉しい。

ichiroさんが長渕さんのツアーに参加したのは、Try Againツアーからだったと思います。
ライブDVDを買ったり、CS・BSで放送されたライブは拝見したことはありますが、
長渕さんのツアー、ライブに参加したことは1度もありません。
生で観てきている方のほうが遥かに詳しいと思います。

矢野さんとichiroさんが参加して来られた現場、リハーサルでのことは想像はできますし、
MCでも場面ごとのエピソードが語られ、「戦友」という言葉がいちばんしっくりくるのかも
しれませんね。
ichiroさん「最初はサポートというスタンスだった、後に参加させてもらっているという形に
変わってきた」という記事を思い出しました。
長渕さんのライブでは、映像を観る限り、重心が足にあるところに最初に気付いてました。
私がこれまで観て来ていたichiroさんの重心とは違うということに。
重心が足にある、ということはその場、その場をしっかりと守るということじゃないかと
私は感じてます。立場とか責任、役割。
それでもまだ知っているのは、ほんの一部です。
それは、自分のパフォーマンスを100%以上に出す、ということです。
いや、富士などは150%だったかもしれません。
それを意識的に受け入れているお二人だな、と思いながらこの日は観ていました。

熱帯のサバンナでサバイバルしてきたからこそ。
矢野さんは喰らいついていくタイプで、情熱の塊のような印象です。
それでもって、昭和歌謡が大好き。そのギャップがたまりませんでした。

ユニークだったのは、ライブ衣装のことかな。
矢野さんの衣装は予め用意されているそうですが、
ichiroさんのは決まっていない、という点。
表参道で遭遇したのだとか。
長渕さんが語るichiroさんについてのお話を思い出して。
「ichiroは美意識が高い。」
↑衣装が用意されない理由は、きっとこれだと思っていますよ。笑

羊猿会同世代エピソードの中から、もう1つご紹介。

矢野さん「これからの人生、どうしようかと考えていた頃に、
ichiroは既に単身でアメリカに渡っていた。」
同世代でもお互い違うところで、歩みもスピードもそれぞれ。
今、こうして一緒に同じステージで音を出している、
というあたたかなお話もあり。
音楽が繋いでくれるご縁。

集まっていた方も、ステージでご一緒した音楽仲間のみなさんも
みんなその縁の中。
ライブ、とてもよかったですね。
次はどんなシーンに遭遇できるかも楽しみです。